FC2ブログ
プロフィール

鶴田文学

Author:鶴田文学
職業:エロ漫画描いてます
サイト:お祭り気分
メール:bungakuぬakai.sakura.ne.jp
「ぬ」を「@」に置き換えてください。

Twitter

カテゴリ

検索フォーム

その他リンク

日々の鶴田文学
鶴田文学のたいしたことないのに色々悩む優柔不断人生記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこからともなく
よし、今起こったことをありのまま言うぜ。

うちの部屋、隣りの家との間に狭い隙間があって、そこに窓ついてるんですよ。
部屋の換気に便利なので、よく開けてるんですが、上の部屋もその窓開けてると会話がだだ漏れ。
聞こえてくるわけです。上の男女の会話が。鮮明に。

どうやら今日は24シーズン5を流しながらおフェラを始めたようでして。
女性の「んっんっ」という息遣いから、男のうめき声、じゅるじゅるすする音まで聞こえてまいりました。
ああ、なんてリアルタイム破廉恥。
上の男女は下の住人にその鮮明な音が聞こえていることに気づいていないのでしょうか。
まあ、下の住人は1人なので終始無言だし、気づきにくいか。
というか、窓閉めてからやれよ。

妄想は膨らみます。
2階の窓から漏れる光。その中でのまぐわいを想像してしまいます。
フィニッシュに近づく男のうめき声、それを感じ取って激しさを増すじゅるじゅる音、女ののどから漏れる声「んっんっ」、俺の右手。
無事、口内へ発射したようです。あ、ティッシュの音が聞こえたので飲み込んではいませんね。

その後の彼らの会話は生々しくとても勉強になりました。今日はこれでオシマイみたいです。
声が遠ざかり、ガス湯沸し器も作動を始めました。どうやらお風呂に入ったようです。
うん、ボクも24シーズン5流しながら原稿に戻ろう。

見えてしまうものを見るのは覗きに入らず、聞こえてしまうものを聞いちゃうのは盗聴には当てはまらないようです。
そして以上の内容は、ボクの見た幻覚・幻聴もしくは妄想や捏造かもしれません。


カレンダー

単行本

DL販売



RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。